2020年01月05日

オキシクリーン

SNSで話題の
「オキシクリーン」


襟の汚れ落としの洗剤では
取れなかったので、
注文!


届きました
オキシクリーン
OXI.jpg



試しにやってみました。


↓ ビフォー
襟ビフォー.jpg

↓ アフター
襟アフター.jpg

衣類の頑固な汚れ

悩みが一つ解消
これなら満足です〜!!



オキシクリーンは、
アメリカ発の漂白剤の
トップブランドです。

成分は、
「過炭酸ナトリウム」と
「炭酸ナトリウム」

「過炭酸ナトリウム」は、
水と混ざると酸素の泡を発生させ、
泡が繊維の間に入った汚れに付着し、
汚れを落とします。


「炭酸ナトリウム」は、
酸素が働きやすい
アルカリ性の環境をつくり、
このアルカリ作用で、
油やたんぱく質を分解します。


★酸素の強力パワー
★消臭効果
★色柄ものにも安心
★刺激臭がない
★家じゅうの汚れに使える
★使い方が簡単で手間いらず
   お湯に溶かして、
    しばらく浸け置きして放置



チョット調べてみました。

※革製品
 シルク
 ウール
 金属製アクセサリー
 アルミ製品
 宝石類
 大理石
 畳
などには使用できません。

「ステンレス製品」も
状態や使用時間によって
不具合が出る場合もあるとか。


 
使い方の注意点は、

40度〜60度の
「お湯」を使うということ。



全体的な汚れを
じわじわと落とす場合は、
50度前後くらいがいいようです。


使う量は、
お湯4リットルに対して、
スプーン1杯が基本


漬け置き時間は、
最低でも20分

汚れがひどい場合は、
6時間が目安です。



衣類の場合は、
まず洗濯槽に
付属スプーン1杯分の
オキシクリーン溶液を入れ、
その後に洗濯洗剤と衣類を入れ、
通常通りに洗濯機をまわします。

黄ばみがとれ、
衣類本来の色合いに
洗い上がります。



オキシクリーンは
弱アルカリ性のため、

手肌につくとヌルっとします。
「オキシクリーン溶液」に
触れる場合は、
必ずゴム手袋を!




「食べこぼしなどのシミ汚れは、
オキシクリーン溶液をもみこみ
5分ほど放置し、
通常の洗濯をするだけ。


シューズや上履きは、
酸素の泡でじわじわと落とすので、
40度のお湯で
20分〜6時間ほど漬け置きします。

そのあと
ブラシで軽くこすり洗いし、
水で洗い流します。


↓ 酸素の強力パワー
オキシクリーン
楽天にあります。

posted by マー坊 at 11:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする