2018年05月30日

足が速くなるマシン

「運動神経の科学」著者、
小林寛道・東大名誉教授が開発したマシン。

スプリントマシンは、
「動きの質」の改善に狙いがあるという。


足が速くなるには、
骨盤や体幹の動きが重要。
十坪ジム公式

マシンの使用で、
関節の可動域を広げ、
人間本来の動きを覚えさせることができる。

画期的なマシンだそうです。

運動神経の科学 (講談社現代新書)
posted by マー坊 at 06:50 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

日大・内田監督が辞意表明

「この問題は全て私の責任。
関学大の皆さんにもお伝えしましたが、
日大アメフト部の監督を辞任いたします」

このコメント、どうとらえますか?


日大・内田監督の辞意表明です。


何とも切ない思いです!

posted by マー坊 at 21:11 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

成田緑夢 金メダル獲得

平昌パラリンピック第8日、
スノーボードバンクドスラローム男子、
成田緑夢(ぐりむ)選手が、
金メダルを獲得しました。

3本目は最短距離を滑り、
1回目から,
1秒49もタイムを縮めました。

インタビューでは、
「自分を褒めてあげたい!」

成田緑夢 金メダル
アスリート達がよく言う、
「自分を褒めてあげたい!」という表現、
日本語の表現としては・・・?

考えるに、
自分自身を見つめる角度によっては、
頷けそうです。

過去の自分は、
「一生懸命に練習している自分」。

今の自分は、
「過去の自分が叶えた夢(金メダル)を、
手にしている自分」。

今の自分を、
過去の自分が見つめると、
それが客観的視野で見ることができる。

NLPではこれを、
自分と自分とのラポール状態と、
表現するそうです。

アスリートは、
こうやって常に上を目指す、
トレーニングをしているんだなって、
思えてくるんですが・・・

強さの秘密かもです。


posted by マー坊 at 07:58 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

東京五輪マスコット

オリンピックのマスコット、
があるんですって・・!

先月の28日、
2020年東京五輪・パラリンピックの、
公式マスコットが決定したというんです。

福岡県のキャラクターデザイナー、
谷口亮さんの作品です。

ネーミングは、
今年の夏に決まるとのことです。


五輪版:青い市松模様をあしらった、
伝統と近未来性を併せ持つキャラクター。

パラリンピック版:ピンクの市松模様で、
桜の触角があり、超能力を持つ。
自然を愛し、石や風と話せて、
見るだけで物が動かせる。



↑ 引用元:Tokyo 2020
posted by マー坊 at 14:03 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

羽生結弦強さの秘密

66年ぶりの、
オリンピック2連覇を達成した、
フィギュアスケートの羽生結弦さん。

逆境を力に変える!

4年前のフリーで失敗した頃に比べて、
メンタル面が強くなり、
緊張をコントロールすることができた。

こう振り返っています。

強さの秘密・成功の秘密、
苦しい山を乗り越えると、
そこには新たな高い山が見える。

見える新たな山は、
希望の山です。

だからこそ今めげずに、
頑張っていけるんだ、
と自己マインドを向上させています。

人間心理のもたらす効果、
実践できる人は、
やはりどこかが違う。

見習うべきことが多いと感じます。

それにしても、
立派な人だと感じます。
posted by マー坊 at 07:14 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする